ライター亀田による茨城県の注文住宅会社「国分建設」の分析。ショールームのレポート記事もあります。

HOME » 茨城の注文住宅「アイムの家」まとめ » 建物のこだわりと価格

建物のこだわりと価格

このページでは、アイムの家(国分建設)の特徴や、価格例を調査しています。

アイムの家(国分建設)の特徴や価格例をリサーチ!

アイムの家ロゴ国分建設が国産檜で作る注文住宅・アイムの家。比較的ローコストながら、完全自由設計が実現する素敵なプランです。その価格は平均で3000万円程度。実際の価格例を以下に紹介します。

※800万円の土地に「アイムの家」を新築した場合

  • 建築費用1127 万円+土地費用800万円=総費用2380万円

上記はあくまで一例ですが、住宅ローンなどを活用すれば、充分に手の届きそうな価格設定が嬉しい!さらにオール電化やリビンダイニング家具の設備まで付いて、この価格というのですから、絶対に見逃せません。それでは以下に、アイムの家の特徴をくわしく紹介します。

 

完全自由設計

アイムの家外観イメージ国分建設のアイムの家は、間取り/資材/仕様に至るまで、すべてフリープラン。施主の希望をじっくり聞き取りながら、プロの視点で最適な提案をしてくれます。

打ち合わせでは、間取りなどの設計プランから、内装のコーディネイト、資金計画まで、納得するまで何度も相談できます。理想のマイホーム実現のために、本気で向きあってくれるそうです。

また着工前には営業、インテリアコーディネイター、現場監督の3者が打ち合わせを行うため、連絡の行き違いなども生じにくくなっていますよ。

 

安心構造

国分建設のアイムの家は、永く住み続けられるための安心・安全構造が自慢です。

■耐震性…基礎に鉄筋コンクリートスラブべたを採用、柱は筋交いの量を多くすることで、頑強な構造を実現。住宅性能表示制度の耐震等級においては、最高の等級3に相当。

■劣化対策…一定の基礎高を確保し、点検を容易にする家づくりを実践。住宅性能表示制度の「劣化の軽減」においては、最高の等級3に相当。

■次世代エネルギー基準…断熱材には高性能グラスウールを、複層樹脂サッシ、遮熱高断熱Low-Eガラスも標準仕様。住宅性能表示制度の温熱環境においては最高の等級4に相当。

■維持管理の容易性…構造躯体に影響を与えることなく、配管の維持管理が可能な構造を採用。住宅性能表示制度の維持管理対策においては、最高の等級3に相当。

■省令準耐火構造…省令に基づき、外壁や軒裏に確実な防火被覆を施し、構造体を保護。

上記のアイムの家の標準仕様は、長期優良住宅の基準を満たすもの。安心の住まいが実現するだけでなく、補助金の優遇も期待できますね。

 

充実のアフターケア

茨城県内で創業から40年近い歴史を持つ国分建設は、地域密着型企業として、充実のアフターケアを展開。引渡し後1年目・2年目の無料点検を実施するほか、リフォームも気軽に相談可能です。

実績ある業者だから、「家の主治医」として末永い付き合いが期待できそうですね。

 

「アイムの家」が建てられる国分建設のサイトはこちら≫

 
 
俺流突撃レポート!国分建設の注文住宅編