ライター亀田による茨城県の注文住宅会社「国分建設」の分析。ショールームのレポート記事もあります。

HOME » 国分建設のショールーム「えみ・ぱ~く」に行ってきた【1日目】 » 注文住宅はアイディアの宝庫!

注文住宅はアイディアの宝庫!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」を訪ねた筆者が、その魅力をレポート!

ここからは、ショールームにある3つの注文住宅と、筆者が注目したポイントを紹介していきます。

国分建設ショールーム「えみ・ぱ~く」でドキドキワクワク!

 

ショールーム規模に驚かされ、高鳴る“ワクワク感”を抑えられない筆者。

早速、それぞれの注文住宅を見ていくことにします!

順番に見たい方はこのままスクロールを、気になったところを見たい方は、下記のページ内リンクでジャンプしてくださいね。

注文住宅のジャンル別メニュー

 

期待に胸をふくらませながら・・・。扉の向こうは、憧れの注文住宅。

注文住宅への扉

さあ、プロヴァンスの家を見に行こう!

 

プロヴァンスの家 1階

 

プロヴァンスの家に入って、まず目に飛び込んでくるのが、とっても素敵なキッチン!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家

木のマテリアルが美しく、キッチン家具はグリーン系で統一されています。このあたりの優しい色使いも、プロヴァンスの息吹を感じますね。

ちなみに、「プロヴァンスの家」は、フランス南部のプロヴァンス地方の様式を模した住居デザイン。

いわゆる南欧風住宅と呼ばれるもので、オシャレでかわいい外観&内装が大人気です。

注文住宅を選ぶときに、南欧風デザインを候補にされる方も多く、その理由として「落ち着いたデザイン」が挙げられるのではないでしょうか。

近代的なスタイリッシュな内装ではなく、あえてレトロな質感にすることで、住むほどに味わいが深まるといっても過言ではありません。

 

そして、振り向けばリビング!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家

テレビの下のAVボードや、リビングテーブルなども木製で統一。

暖色系の照明がやさしい光を室内にそそぎ、目にも心にもやさしい空間を作り上げています。

食後にソファでくつろぎながら、一家だんらんのひとときを過ごせそうですね。

 

別の角度からも2枚。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家

リビング、ダイニング、キッチンが一体になった南欧スタイルのLDK!

とってもいいですね・・・・・・癒されます~♪

 

── っと、玄関についても紹介しますね。

 

石畳を取り入れた玄関スペース

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンス(南欧風)の家の照明国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンス(南欧風)の家にある石畳の玄関

天井にはシャンデリア風の照明が、足元には石畳を表現した玄関がありました。

とくに、石畳はヨーロッパを代表する舗装。石畳はフランス語でパヴェと言い、ゴツゴツした天然石をあまり加工せずに使用するのが特徴です。

そのため、凸凹で疲れるということもあるのですが、この玄関はやや日本風にアレンジされているようです。日本の寺院ように整然とした平らな石畳と、ヨーロッパの石畳を融合させたような印象ですね。

この玄関を見ると、プロヴァンス風(南欧)のデザインが浸透しているなと感じます。

 

続いて、キッチン周りを見ていくことに・・・・・・。

 

生活導線が考えられたオープンキッチン

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(キッチン)

キッチンはこのようになっており、右奥に冷蔵庫を配置するようなイメージです。

右側が生活導線になっているため、例えば子供が冷蔵庫にジュースを取りに来ても、調理場には近づかなくてもいいようになっています。

調理では火や油を使うため、子供の安全を考えてのレイアウトといえますね。

カメのアイコン亀田's EYE

国分建設ショールーム「えみ・ぱ~く」のプロヴァンスの家にあるキッチンの工夫先ほどのキッチン写真の右側に、細い縦の棒があるのですが、このロックを解除して伸ばすと、ゲートになります。

小さなお子さんは、ふらふらとしてキッチンに近づかせると危ないですよね?

そんなとき、これを使えば、キッチンの中に入ってこないよう、シャットアウトすることができるわけです。

 
 

キッチン周りを物色!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(キッチン)

キッチン周りはタイル張りとなっており、白いホーローのシンクが印象的。

レトロな質感がたまらない~

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(キッチン)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(キッチン)

シンクの右側には、食器洗い機を完備。これなら、調理と片付けの連携も抜群ですね。

スペースを活かした無駄のないデザインがとても魅力的!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(キッチン)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(キッチン)

最新デザインのIHコンロも違和感なく、南欧風キッチンとマッチしていました。

デザイン性の美しさは、キッチン周りの収納にも活かされています。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(キッチンの収納)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(キッチンの収納)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(キッチンの収納)

木の棒を梯子のようにした皿置き場(写真上)、調味料などのビンの大きさに最適化された棚(写真左下)、ターンテーブルが設置された収納(写真右下)など、アイディアがいっぱい詰まっています。

使い勝手とデザインを両立させた収納といえるでしょう。

 

そして、プロヴァンス風を象徴するようなタイル貼りの洗面化粧台を発見!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(洗面スペース)

見てください! この輝き! この可愛さ!

恋をしてしまいそうなほどキュートな化粧洗面台に、筆者もメロメロです♪

壁に見えるレンガや、鏡のデザインも良いですね。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(化粧洗面台)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(化粧洗面台)

タイルには、赤色やオレンジ色の幾何学模様が施されてあり、とってもカラフル!

陶芸のような手作り感にあふれていましたよ。

注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(化粧洗面台)注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(化粧洗面台)

触り心地も最高!

ずっとなでていたくなる・・・・・・そんな手触りでした。

 

ちなみに、バスルームはこんな感じ。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(バスルーム)

風呂場はさすがに南欧風ではありませんが、正面中央や浴槽に手すりが設けられるなど、バリアフリーが取り入れられていました。

足腰が弱くて、浴槽への出入りが不安な人にとっても嬉しい仕様ですね。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(バスルーム)

カランは触れても熱くならない素材を採用し、突然の火傷をしないように配慮。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(バスルーム)

ここで、筆者注目のコーナー「亀田' EYE」です!

カメのアイコン亀田's EYE

国分建設ショールーム「えみ・ぱ~く」のプロヴァンスの家にあるキッチンの工夫バスルームの床は、表面がザラザラした滑りにくい素材になっていました。

一般的な家庭のバスルームの床はつるつるで、シャンプーや石けんの泡で滑ることもあると思います。

しかし、この素材なら、ほぼ滑ることはなさそうです。これは実際に触って確かめてほしいポイントですね。

 

ちなみに、バスルームの窓にある鉄格子も、ヨーロピアン・デザインで素敵!

中世ヨーロッパのお城にある鉄格子みたいですよね。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家

脱衣所の収納スペースも、可愛らしくまとまっていましたよ。

 

トイレルームも、もちろん南欧デザイン!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(トイレ)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(トイレ)

このようにプロヴァンスの家は、とことん南欧デザインにこだわりぬいています。

ところどころ壁に見える点々は、ガラス細工?(ビー玉みたいなもの)で、照明の光が反射してキラキラと輝いていました。

丸いミラーの外枠もキラキラしているのでで、女性だったら、気分はプリンセスではないでしょうか。

男性の筆者でも、あまりに居心地が良すぎて、長居しそうなくらいです(笑)

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(トイレの洗面台)

洗面台は、先ほどと同じくタイル張りにホーロー。

自宅にこんなスペースが作れるなんて、まさに注文住宅ならではですね。

 

── そんなこんなで、プロヴァンスの家の1階を堪能したところで、次は2階へとGO!

 

プロヴァンスの家 2階

 

いろいろ見て回って30分ほどが経過し、ようやく2Fに続く階段へと目を向ける筆者。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(リビング)

「むむっ!」

 

そうなんです。このショールームは1階だけで終わらず、2階もあるんです。

しかも、またしても細かいところに目が行ってしまいます・・・・・・これがライターの悲しい性(サガ)!

 

階段の手すりのデザインに注目!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(階段)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(階段)

なにやら、アンティークな彫刻デザインが施されています。

この拡大した接合部は、木のパーツが分かれていてドッキングされていますが、下の部分はくり抜きで彫刻されているようですね。

カメのアイコン亀田's EYE

国分建設ショールーム「えみ・ぱ~く」のプロヴァンスの家にある階段のアンティーク風な彫刻階段の手すりの下側の部分は、くり抜き彫刻によるデザイン。

木目が縦にキレイにそろっており、質の良い木を使っているのが伝わります。

アンティーク用語辞典によると、「バラスターレッグ」に近い印象ですね。

こういったバラスターの手すり柱は、ヨーロッパの宮殿のバルコニーなど、欄干(らんかん)に使用されてきた歴史があるので、プロヴァンスの家でも採用されているように思いました。

 

さて、彫刻について学んだところで階段を上っていきます。

 

ちなみに、階段を少し上ったところから見た景色はこんな感じ。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(階段から見た景色)

やっぱり、この家、好きだ・・・。とっても癒されます~

 

── では、階段の写真をダイジェストで紹介!

※写真の右下→右上→左上に進んでいくイメージです。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(階段)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(階段)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(階段)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(階段)

神秘的なキャンドルライトの光に、筆者は中世ヨーロッパを感じざるをえませんね。

城内の警護にあたる騎士(ナイト)になったような面持ちです(笑)

 

── さて。

 

階段の先に、ベッドルームが見えてきましたよ。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(階段)

どんな部屋なのか、ドキドキワクワク!

 

ベッドルームへようこそ。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(ベッドルーム)

とてもラグジュアリーな雰囲気のベッドルームです。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(ベッドルーム)

ダブルベッドを約6畳の部屋中央に、左右にはナイトテーブルを配置。

間接照明が部屋を温かく包み、上質な空間を作り上げていますね。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(ベッドルーム)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(ベッドルーム)

ベッドの反対側には、約2畳のクローゼットが!

注文住宅らしい自由な間取りが、ここにも活かされていますね。このクローゼットをうまく活用すれば、たんなるベッドルームに終わらない生活スペースを築けそうですね。

 

そそくさとベッドルームを後にして、廊下を奥へと進みます。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(ベッドルームから出る廊下)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(廊下)

次に筆者を待っていたのは、とっても可愛い子供部屋!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(子供部屋)

ファンシーな雰囲気がたまりませんね。

 

── とここで、部屋の全容をパシャリ!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(子供部屋)

ここで筆者が注目したのが、中央奥の窓にいる黒猫。さっそうと窓辺を歩くイメージは、まるでジブリ映画「魔女の宅急便」に登場するジジのようですね。

ちなみに、「魔女の宅急便」の舞台は架空の地ですが、スウェーデンやクロアチアなど、ヨーロッパのさまざまな要素を詰め込んだ街と言われています。

プロヴァンス(南欧風)の家、そして夢を感じさせる子供部屋で、黒猫をモチーフとしてデザインしたところに、筆者は共感を覚えたものです・・・。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(子供部屋)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(子供部屋)

部屋の反対側にはミニテーブルなどがあり、その奥は小部屋になっていました。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(子供部屋)

この小部屋も、すっごくキュート♪

小さいお子さんが友達と一緒におままごとをしたり、遊んでいる様子が思い浮かびますね。

 

部屋の隅にあった観葉植物がぶら下げられるインテリア・・・・・・これも本当にオシャレ♪

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(子供部屋)

ファンシーなぬいぐるみとクッションも一覧で紹介していきますね。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(子供部屋)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(子供部屋)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(子供部屋)

「か、かわいい・・・」

 

男性の筆者でも胸キュンしちゃいました♪

 

そんな童話の世界のような、夢いっぱいの子供部屋から出て・・・。

プロヴァンスの家レポートの最後は、2階からの景色を紹介!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(2階からの景色)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるプロヴァンスの家(2階からの景色)

こんな感じで、リビングやキッチンにいる家族と声を掛け合えるようになっています。

いつでも家族とのつながりを感じられる、そんな家だなと思いました。

 
 

さ~て、次はシンプルモダンの家だ!

 
 
 

シンプルモダンの家

 

シンプルモダンの家の外観は、スタイリッシュなデザインが印象的!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家

シンプルモダンは、金属・ガラス・プラスチックなど人工の無機質素材を使って、直線的なデザインで仕上げるのが特徴。内装のインテリアにおいても、これらが徹底されています。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家

こちらが玄関入口から見たキッチンとリビングの様子。

キッチンとリビングを分けるかのように、フローリング・デザインが分かれており、これがセンス抜群!

カメのアイコン亀田's EYE

国分建設ショールーム「えみ・ぱ~く」のシンプルモダンの家にあるフローリングの工夫キッチンスペースは、色分けされたフローリングデザインが魅力的!

このようにすると、照明の反射具合が異なるため、同じフロアでありながら、まるで違う空間のような演出になるわけですね。

職人によるデザインの技が光るアイディアといえます。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(ダイニング)

ダイニングテーブルは、すっきりした直線と曲線によるモダンスタイル。白色を基調としたデザインで、軽快な雰囲気にまとまっています。

チェアも近代的デザインのものが採用されていました。

 

リビングを奥に進むと・・・、ゆったりとくつろげるAVルームが!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(AVルーム)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(AVルーム)

皮張りの高級チェア、そして足置き台があるので、ゆったりくつろげます。

プロジェクターとスクリーンなどを設置すれば、ホームシアターにもなる空間ですね。5.1chや7.1ch用のスピーカーを贅沢に配置して、サラウンド環境を構築するのも良いと思いますよ。

 

ちなみに、この椅子の写真は、今回の取材の筆者的ベストショット!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(AVルームの椅子)

やっぱり、いいですねぇ~。

絵画とシンプルな植物があり、優雅な椅子のあるシアタールームに、筆者も憧れます。

 

AVルームでくつろいだ筆者は、外の風を浴びたいなと感じ、ガーデンへ・・・。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(庭へと向かう出口)

シンプルモダンの家は、このように庭(ガーデン)が併設されています。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家にある庭(ガーデン)

「やっぱり、外の空気は気持ちいい~」 と伸びをして、ひと息つく筆者。

(※注:ショールームは室内です)

 

庭をどうするかも注文住宅の楽しみですが、こんなふうにテラスを設けてみるのもいいですね。

ここでバーベキューをしたり、天気の良い日にランチやディナーをするのも乙なもの。屋根付きウッドデッキにすれば、半野外のリビングとしても活用できそうです。

 

次に向かうは2階!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家にあるスケルトン階段

玄関の脇に、これまたモダンデザインの階段があります。いわゆる「スケルトン階段」ですね。

しかし、この手のスケルトン階段はすき間があるため、ホコリや髪の毛などが下に落ちて、階下が汚れやすいというデメリットも・・・。筆者も過去に、このような階段付きロフトに住んでいたのですが、しばらく掃除しないと下が大変なことになりました。ですから、毎日の掃除が大切!

あと、小学生くらいの子供なら大丈夫ですが、乳幼児の場合はやや危険だから不安を感じる親御さんもいるそうです。おもちゃが落ちたりしないよう、注意が必要ですね。

それさえクリアできれば、デザイン性の高い、開放感のある階段であることは間違いないでしょう。

階段の板や配色、手すりの素材をカスタマイズして、自分好みに仕上げられると思いますよ。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家

階段を上ると、秘密基地のようなスペースが!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家の2階

自宅にこういうスペースがあれば、ちょっとした作業場にもなりますよね。

筆者は、「変わった趣味を持ったオヤジのMY工房」みたいな印象を受けました(笑)

いろいろ小道具を置いて楽しめそうですし、家庭内Wi-FiでPC作業をする場としても良さそうです。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家にある2Fバルコニー

ちなみに、2階にはバルコニーがあり、先ほど紹介した「プロヴァンスの家」とつながっていました。

来場されている家族の子供たちも、「おぉー! ここつながってるよー! すっげー!」とはしゃぎまわり、鬼ごっこを始めるような展開もありました(笑)

そんな合間をぬって、細々と人が入らないように撮影しているライター亀田です。

 

── さて。

 

ここで、2階から1階を見た景色を確認することに。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(2Fから1Fを見た風景)

こんな感じで、キッチンとリビングを見下ろせたり・・・

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(2Fから1Fを見た風景)

ダイニングテーブルのデザインが、モニュメントに見えてきたり・・・

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(2Fから1Fを見た風景)

キッチンから続く排気口?があったりしましたよ。

 

2階から見下ろす風景も含めてデザイン住宅だと思うから、そういう意味においてシンプルモダン住宅は優れているといえるかもしれません。

冒頭でも紹介しましたが、フローリングの色分けデザインは、2階から見たとき、さらに美しさが映えるような気がしました。これは、ぜひ導入したいアイディアですね。

 

── 階段を下りて、再びキッチンへ!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(キッチン)

ワインレッドと白のコントラストが美しい、お洒落なアイランドキッチン。

シンク部分や調理スペースも広々としており、機能的かつシンプルなデザインです。海外直輸入のキッチンを良心的な価格で導入できるのも、うれしいポイントといえますね。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(キッチン)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(キッチン)

キッチン下の収納も充実。大きなスライド扉を引くと、スムーズに開きます。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(キッチン)

コンロは、Panasonic製エコナビ搭載のIHクッキングヒーター。注文住宅なら、大手メーカー製品をスリムに組み込んで、シンプルモダン・テイストに統一できる柔軟さがありますね。

 

ここで筆者は、キッチン背後にある棚に注目しました!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(キッチンの棚)

カメのアイコン亀田's EYE

国分建設ショールーム「えみ・ぱ~く」のシンプルモダンの家にある棚国分建設ショールーム「えみ・ぱ~く」のシンプルモダンの家にある棚

キッチンの棚は、車のガルウィングドアのように上に持ち上げて開くスタイル。

扉方式だと、たまに開けたままぶつかることもありますが、この方式だと、まずぶつかることはなさそう。素晴らしいアイディアだと思いました。

最後に玄関スペースですが、中央に丸太がズドーンと鎮座していました。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(玄関)国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(玄関)

どうですか! この迫力!!

 

金属やガラスなどのメタリック感で統一されたシンプルモダンの中に、紅一点、丸太を置く・・・。

その勇気を称えたいです。これこそ、デザインセンスの塊ではないでしょうか。

 

── と、玄関の横を見れば、ドーベルマンがこっちを見ていました!

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(ドーベルマン)

「こっち見んな!」と思いながらも、内心ちょっとブルブルでした(笑)

置物だと分かっていても、恐いものは恐い。これは防犯グッズにいいかもしれませんね!

ちなみに、散歩用のリードをかけるフックも、犬のデザインになっていましたよ。

国分建設の注文住宅ショールーム「えみ・ぱ~く」にあるシンプルモダンの家(犬用リードをかけるフック)

「かわいい~♪」

 

これにて、シンプルモダンの家ツアーは終了。

 
 

次は、古民家風の家に潜入していきます!

 
 

次のページ「古民家風の家にタイムスリップ?」へ

 
俺流突撃レポート!国分建設の注文住宅編