ライター亀田による茨城県の注文住宅会社「国分建設」の分析。ショールームのレポート記事もあります。

HOME » いざ納得住宅工房茨城ショールームへ!【2日目】 » 体験コーナーで見つけた注文住宅の魅力

体験コーナーで見つけた注文住宅の魅力

納得住宅工房茨城ショールームを訪ねた筆者が、ブログ形式でショールームの魅力をレポート!

ここでは、ショールームにある体験コーナーを写真付きで紹介していきます。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナーをチェック!

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

ショールームの各部屋を見終えてドアから出てくると、そこには体験スペースが広がっていました。

内壁、外壁、床、木材のサンプルなど、いろんな資料があって、いろいろ見比べることができます。

ということで、順番にチェックしていきますね!

気になるところから見たい方は、下記のリンクでページ内ジャンプしてください。

 

体験コーナーのメニュー

 

壁コーナーで「シラス壁」の実力にド肝を抜かれる!

 

まずは「壁」のコーナーから。

いろんなサンプルや標本が並んでいて、とても勉強になります。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

こちらは壁の仕上がりのテクスチャを触って確かめられるサンプル。実際に来店されたお客さんが、色や模様をチェックしながら仕上がりをイメージしていくわけですね。

注文住宅は建材から壁まで自由に選べるのが魅力だから、こだわりたい人にとっては、選択肢が多すぎることは悩ましいポイントでもあると思います。

そんなときに、こういった体験コーナーで触って、感じることは、家作りの工程をひとつひとつ押さえるうえでも重要ですね。

 

なかでもプッシュされていたのが、シラス壁!

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

このように、シラス壁のサンプルに触れるようになっていて、筆者も質感をチェックしました。

※シラス壁について詳しく知りたい方はこちら≫

 

簡単にシラス壁について説明すると、「夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる壁」といえます。

シラス壁はこのような特徴があるため、「夏は蒸し暑くてエアコン代がかかり、冬は冷え込むから暖房代がかかる」という家庭にとっては節電効果も期待できるでしょう。

まさに、日本の家屋に適した、おすすめの壁なのです。

 

最初に触ったソフトヘアライン仕上げの方は、ザラつきがあるものの、シンプルな壁なので、一般的にはこちらが人気のようですね。

次に触ったのが、やまなみ仕上げ!

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

 

「やまなみ仕上げ」は、その名のとおり、壁が山のように波打っているのが特徴。

触るとゴワゴワしますが、カラッとして気持ちよくて、調湿効果がバツグンとのこと。

シラス壁にするだけで、夏60%、冬50%の湿度を保っている家庭も多いようで、千葉県の方で「エアコンなしで一年を過ごした」なんていう声もあるほどだとか・・・。

 

「シラス壁、すごすぎでしょ!」

 

さらに、壁のコーナーを見ていきます。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

「おや?」

写真左側に、なにやら面白そうなものが・・・。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

なんと、シラス壁消臭機能確認キットを発見!

シラス壁の入ったビンと、入ってないビンの中にアンモニアを吹きかけて、20分後にその違いを確認するのだとか。

というわけで、筆者も早速トライしてみることに・・・・・・。

非常に臭い(くっさいくっさい)アンモニア液を、それぞれのビンに吹きかけました。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

 

~約20分後~

 

それぞれのビンを開けて、臭いをかいでみることに・・・・・・。

筆者のそれぞれの顔の違いにご注目ください。

 

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

シラス壁なし

 

「くさっ・・・」

 

「めちゃめちゃくさい・・・・・・」

 
 

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

シラス壁あり

 

「臭わない・・・」

 

「むしろ、さわやか・・・・・・」

 
 

このように、シラス壁を入れることで消臭効果が得られるのですね!

アンモニアの臭いを入れたビンで、これだけの効果が得られるのだから、普通の家で暮らしていたら、すごく快適に過ごせそうです。

実際に「カビくさい臭いがしなくなった」だとか、「ビニールの壁に比べて消臭効果が良い」という声がたくさん挙がっているのも納得。

「注文住宅にするならシラス壁」というのは、ひとつのキーワードになりそうですね。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

 

「セルロースファイバー」の断熱効果を知る!

 

次に筆者が気になったのが、これ!

断熱材セルロースファイバーの効果をチェックする家型のシステムです。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

写真を見てもわかるように、左側の屋根にはセルロースファイバーが敷き詰められ、右側の屋根には何もありません。

ちなみに、セルロースファイバーとは、さまざまな大きさの天然繊維が絡み合ったもので、断熱性・調湿性・防音性が期待できる自然素材のこと。

ホルムアルデヒド・VOCの試験において、無垢材と同じF☆☆☆☆以上の安全性が確認されるなど、国際的に認められた素材なのです。

カビや害虫にも強く、火災が起きても有毒ガスが発生しないほか、水を弾くため雨漏りにも安心と、まさに家づくりに最適なんですね。

・・・ということで、電球を付けて、その違いをチェックしていきます!

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

電球による熱で温まるまで、少し待ってから、両方の屋根に手を置いてみました。

すると・・・・・・。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

断熱効果の違いがハッキリ伝わってきます!

 

具体的には、右側は熱が直に伝わり暖かさを感じるのに対して、左側は熱さを感じません。

「なるほど・・・・・・これがセルロースファイバーの効果か・・・」

と自分の手で実感することができました。

納得住宅工房茨城ショールームに行ったら、シラス壁と同じく、これもぜひ試してほしいですね。

このような体験型コンテンツは本当に楽しいし、装置を作る仕事をしている人に感謝!

何事も違いを知るって大事だなぁ・・・と思います。

というわけで、「セルロースファイバー」の体験コーナーでした。

 

「パワーボード」の遮音効果を装置でチェック!

 

さてさて、調子に乗ってきた筆者は、次なる装置を発見!

今度は、壁(パワーボード)の遮音効果をチェックするための装置のようです。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

ボックス型の装置の天井部分が開閉式になっていて、中にはブザーが入っています。

ちなみに、「ビーーーーー」と、結構うるさい音量で鳴ります(笑)

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

というわけで、ショールームの中を見学中の人たちに配慮しつつも、できるだけ大きい音量でブザーを鳴らすことにしました。

そして、パワーボードの蓋を開閉してみると・・・・・・。

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

「おおっ!おおおっ!」

ホームページ上で音の違いを伝えられないのが残念ですが、パワーボードの遮音効果はスゴイ!

聴感上で約半分近い音量となりました。小さい音量でブザーを鳴らしてパワーボードを閉めると、まったく音が聞こえません。

パワーボードは、パネル単体でマイナス30dB程度の効果があるので、これを導入すれば外部の音がかなりシャットアウトできそうですね。

実際に建築するとなると、壁内にはパワーボードだけでなく、ほかにも石膏ボードや断熱材も入れるため、それ以上の遮音効果が期待できるようですよ~

 

(おまけ)壁材による断熱効果の違いを確かめる装置も!

納得住宅工房茨城ショールームの体験コーナー

こちらの体験ボックスは、各種外装材(外壁材)の熱の伝わりを実験するもの。

内部にヒーターが入っていて、約80度までボックス内が温まります。

ボックス内部の温度を太陽光による熱と見立てて、外壁によって構造躯体に伝わる熱がどれくらいなのかを体感するわけですね。

ボックスの上部には、左からモルタル、サイディング、パワーボードが3種類並んでおり、それぞれに手を置くことで、温かさを比較していきます。

答えはあえて書きませんが、想像力が豊かな人なら、きっと気づいてますよね?

これはぜひショールームで実際に体験して、「なるほど!納得!」と感じていただければと思います。

筆者も今回の体験コーナーを通じて、壁材も奥が深いなぁ・・・・・・と気づかされましたよ。

 

まとめ

筆者による体験コーナーのチャレンジ、いかがだったでしょうか?

注文住宅を建てるうえで参考になること、勉強になることが本当にたくさんありました。

シラス壁のように「目からウロコが落ちる」ような素材が、まだまだ世界にはいっぱいあるんですね。

次ページでは、木材の話や、体験コーナーの展示物、注文住宅ギャラリーをドドーンと紹介していきます。こちらも要チェックですよ。

次のページ「自然素材ってイイ!無垢材サイコー!」へ

 
俺流突撃レポート!国分建設の注文住宅編